もどき料理 "うなぎ" パンガシウスという魚


しばらく前になりますが、パンガシウスという
白身魚を見つけました。
ベトナム産と書いてありましたが、
東南アジア一帯で食べられているようです。
肉厚で透き通るような美しい白身でした。
美味しそうだったので、それを買ってきて、
どんな風にしようかと、インターネットで
探してみると、うなぎの蒲焼のように仕立てた
"もどき"料理が沢山出てきました。

ほお、皆さんはこのようにして食べるのかと
感心して見ている内に感化され、
うなぎ"もどき"をやってみたくなりました。
初めての"もどき"料理なので、ハリキリ
ましたよ。
といっても、蒲焼風にしただけで、
あとは、錦糸卵やお吸い物と、"うなぎ"に
付くものを加えてみただけで、
しかも、この度は私は何もしておりません。
すべて姉さん任せで、ゴチになっただけで
ありますが・・・
パンガシウスという白身魚 (5).jpg
パンガシウスという白身魚 (3).jpg

さて、食べた感想は・・・タラにそっくり
でした。
身はしっかりしていて、うなぎのように
ほろほろ崩れる感じはなかったですね。
微妙でした。
パンガシウスという白身魚 (1).jpg

"うなぎ"のつもりだったので、違うという
感じが大きく表れましたが、ムニエルや
クリーム煮にしたら、もっと美味しかった
のではないかと思います。
とはいえ、"うなぎ"と思わなければ、
これはこれで美味しかったです。
パンガシウスという白身魚 (2).jpg

まぁ初めての"もどき"料理ということで、
面白かったです。
私は何もしていませんが、見た目と
頂いた感想であります。

次はムニエル、クリーム煮などで
試したいと思います。
次は勿論、私がやります。

ごちそうさんでした。

この記事へのコメント

スポンサーリンク