鮭のクリーム煮 鮭のジャーマンポテト ブリ照り


シチューや鍋が好い季節になってきました。

この度は、鮭のクリーム煮と鮭のジャーマンポテト、
そしてブリ照りであります。
鮭のクリーム煮ポテトサラダとブリ照り (3).jpg
鮭のクリーム煮ポテトサラダとブリ照り (6).jpg
鮭のクリーム煮ポテトサラダとブリ照り (1).jpg
鮭のクリーム煮ポテトサラダとブリ照り (13).jpg
魚尽くしの健康的なメニューです。
サラダには動物性が入っていますが、
そこは無視してください。
鮭のクリーム煮ポテトサラダとブリ照り (17).jpg

私はシチューやクリーム煮に鰹ダシを
効かせた風味が大好物なので、
この度もそのようにして頂きました。
鮭のクリーム煮ポテトサラダとブリ照り (11).jpg

魚料理は、姉さん限定のメニューで
ありますので、
私はニオイのする生物には極力触りません。
べんぼくだい・・・

陽気が優しくなってくると、優しい風味が
好くなるものです。
クリーム煮とかシチューという響きは、
なんだか"ほんわか"な感じがしますね。

森を抜けた草原に面する古びた洋館の
屋外席で頂く秋の味、な~んて、
最高ですね。

さて、魚に弱いとはいえ、手が加え
られたものであれば、どうにかなります。

この度の私の担当は、ポテトサラダで
あります。
混ぜ混ぜするだけなんですけどね。
一応、私流の風味は、先に述べた、
何でもかんでも鰹ダシであります。
鮭のクリーム煮ポテトサラダとブリ照り (7).jpg
鮭のクリーム煮ポテトサラダとブリ照り (8).jpg

これが止められないのであります。
まぁ止める必要も無いのですが。
本当に、本当に、美味しいです。
鰹ダシさえあれば、何が無くても、
とりあえずは食って行ける、
というくらい、美味しいのであります。

想像してみると・・・

姿を消したある料理人を探す男達が、
飲食店を渡り歩く。
訪れる店で、なぜか必ず食べるのだ。
三軒並んでいても、それぞれ三軒で
食べて出て来る。

新米男(あまお):『先輩、なぜ食べ歩くばかり、
奴を見つける気、あります?』

男(だん):『新米男よ・・・青いな。
先に渡した資料を読んでいないだろう?
奴は料理以外、何も出来ない男だと、
書いてないか?』


新米男:『あぁ、あります。』


男:『他にも奴の際立つ特徴が書いて
あるだろう?』


新米男:『えー、あっ、はい、
鰹ダシ専門て、何ですかコレ?』


男:『奴は鰹節しか食わんのだ。
ダニみたいな奴だな。
それ以外の調味料という調味料を一切
口にせん。
ゆえに、作るものも鰹ダシ一本!
そんなにこり固まった料理を出す
店など無いだろう。
食えば分かるんだよ、奴が居るか
居ないか』


新米男:『そんな特徴的な店なら、
食わずに聞いて回る方が早いんじゃ
ないですか!?』


男:『あはは、そうだね、でも
食べてみたくない?
そこに見えるなら何でもさ?
"のれん"をくぐればあるんだから。
目前にさ、ね?』


新米男:『あ、そうすか・・・
ほぼ病気っすね』


まぁ、そんくらい、鰹ダシなんですわ。

なんだこいつ、とち狂ったか・・・?

と思われることでしょう。
そうねぇ・・・なんとなく。

まぁ、鰹ダシなんですよ。

テーマは鰹ダシですね。
鮭のクリーム煮でもポテサラでもなく。
でも、これらにも鰹ダシがとても合う
ということを知らない人におススメ
したいのであります。
以前の私のように、ほぼインスタントで
まかなっている男性諸君に、知って
頂きたい。
何もかも簡単に美味しくなるので。
和洋中S肉何でもです。
S肉=エスニックね。
鰹ダシ自体が嫌いなら仕方ありませんが。
そうでないなら、是非。

とりあえずは、クリーム煮やシチューに
どどっと入れたら楽しい風味に
なりますよ。

シチューなんて面倒なことはしたくない、
という人も、トーストにバターくらい
塗るでしょう?
そこに、ガーリックパウダーと鰹ダシを
かけてみてください。
ニンニクは生でもパウダーでもいいです。
鰹ダシと一緒に極みの香ばしさを
出すでしょう。

ナポリタン!
まさかと思うでしょうが、
香ばしさが増して、好い感じになります。
塩を抜いて、その分をそっくり鰹ダシに
代えて、思い切った味付けにすると、
まさかと思ったナポリタンに新たな
魅力を発見するでしょう。

料理の下味に塩コショウというのが
一般的ですし、私も今までそう
表記してきました。
でも、実際私の場合はダシコショウです。

ダシというと、鰹や昆布でとる出汁と
混同し易いですが、私のいうダシは、
食卓で使う味塩に代わるという意味です。
勿論、下味にも、加熱調理にも使います。
出汁としては、到底出汁に敵うはずも
ありませんが、楽に使える調味料と
しては最高だと思います。

本当に何の話題かわからなくなったと
お思いでしょうが、

この度のクリーム煮もポテサラも、
この必殺鰹ダシ風味で、ご想像の
それらとは、二味違っているので
あります。
それが伝わらないのが残念。
ということで、訴えさせて頂きました。

面倒を嫌う人たちへ、
楽で旨くしたいなら、とりあえずは、
鰹ダシが一番です。
魚好きでない私がいうのですから、
間違いないでしょう。
特に、私と同じような人には
おススメしたいと思います。

どうぞ!

鰹ダシの効いたクリーム煮とポテサラ、
サラダにはかけていませんが、
勿論、ダシを使って当然のブリ照りも、
かなり旨かった!

ごちそうさんでした。

この記事へのコメント

スポンサーリンク